> >

主人がメガネよりコンタクトのが好き



学生の時に、視力が下がり途中から時々メガネやコンタクトをしていました。

部活やスポーツをする時は、球があたると危険ですし邪魔になるのでソフトコンタクトをしていました。
主人がメガネよりコンタクトのが好き

20代~30歳はコンタクト

20代から30歳まではほぼコンタクトでした。

コンタクトのほうが心なしか目が大きくなった気がします。

今はメガネをかけている人も多いですが自分自身裸眼が好きだったことと、私が20代の時はメガネでは外見上暗く見られるためかけにくい雰囲気がありました。

メガネをかけた方がお洒落に見える人はそうしていたと思います。

特に学生時代はそうゆう風潮が強かった感じがします。

一時期、目が疲れるためメガネを使用していましたが同性の友人からはコンタクトをすすめられていました。

父も「女性はメガネじゃないほうがいい」と言っていたことがあります。

働き出してからは、メガネをかけている人も男女とも普通にいました。

PC作業で目が疲れないためとか、見た目が誠実に見えるなど理由は様々だと思います。

接客や事務など職業によっても違ってくると思います。

30代に入ってからもほぼコンタクトでした。

接客だったため、見た目を明るい雰囲気にしたかったからです。

また、主人がメガネよりコンタクトのが好きだからです。

半ばになった現在は目が疲れるためメガネやサングラスを使用することが多くなりました。

主人と外出するときだけコンタクトに代えたりしています。

友人にレーシックを受けた女性がいて私も受けてみたいのですが、手術台や後遺症のことを考えると踏み切れません。

コンタクトとメガネを使い分けている

結果コンタクトとメガネを使い分けています。

私の家族は幼い頃から目が悪く、小さい時からメガネだったのですがすべり台から転落するというハプニングがあって、その時にメガネが割れ顔に傷を負ってしまいました。

今では、気づかない程度の小さな傷が残る程度ですが目に傷ができていたらと思うとゾッとします。

そういうハプニングを考えると、幼い時などはソフトのコンタクトレンズがいいと思います。

飲み込まないような注意は必要だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.