> >

コンタクト歴はもう30年です



学生の頃、近視で黒板の字が見えなくなってから、しばらくメガネをかけていました。

確かにメガネも便利なのですが、どうしても身体から離してしまう時があるので、どこかへ行方不明になってしまう場合が多々あります。

普段から忘れっぽい性格なので、「あれ、どこに置いたっけ?」という言葉がしょっちゅう出てきます。

ありとあらゆる物が、そんな風にいつも迷子になってしまうのです。

足元に置いたメガネの存在を忘れて、踏んでしまったことも何度かあります。
情けないけれど、それが自分なのですから仕方ありません。

その点、コンタクトはどこかに行ってしまうということがほとんでありません。

私はもっぱらハードコンタクトを愛用しているのですが、目の中で迷子になることはあっても、メガネのように探し回る必要はありません。

その上、メガネは場合によっては、曇って見えなくなることがありますが、コンタクトはそんな心配はありません。

また、長時間使っても違和感もありません。

私がコンタクトを着用し始めた頃は、まだあまり使用している人がいませんでした。

当時は、値段的には少し高いかな、と思いましたが、驚くことには、何十年も経っているのに、価格は安くなっています。

昔は貴重品という感じで扱っていましたが、今はいろんなタイプのコンタクトが販売されているので、用途に合わせて使用することも可能です。

おしゃれのためにカラーコンタクトを着用する人もいる位で、どんどん潜在能力が大きくなっている感じがします。

とは言え、勿論コンタクトは、メガネよりも丁寧に扱わなければいけないという難点もあります。

眼球に直接触れているので、清潔に保ったり、定期的に健診を受けたりする必要もあります。ただ、慣れてしまえば、そんなに苦にならずにできることだと断言できます。

メガネも好きなのですが、やはり日常生活にはコンタクトの存在は欠かせません。心強い相棒という言葉が、コンタクトにはぴったりだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.