> >

外見を重視してコンタクトにしました



私は小学生のときから目が良くなく、中学に入ってからメガネをするようになりました。
そのときは何も感じていなかったのですが、高校に入ってコンタクトレンズをつけるようになってからは、ずっとコンタクトをして生活しています。
外見を重視してコンタクトにしました
メガネをかけていたときは不便さは感じていなかったのですが、コンタクトにしてからメガネの不便さを大きく感じるようになりました。

メガネは目から離してレンズがあるので、視覚に映るすべての縁がぼやけてしまいます。
少し顔を下げた状態で正面を見ると、メガネのレンズから外れて見えるので結果的に何も見えません。

その点、コンタクトは目に密着してレンズがあるので、目に見えるすべての景色が鮮明に見えます。

コンタクトにした大きな理由

私がコンタクトにした大きな理由は、自分自身の外見です。

メガネをしてしまうと「私は目が悪いです」と言っている感じがしてとても嫌でした。コンプレックスに感じていたので、余計に隠しておきたかったんです。

コンタクトなら一見視力が悪いとは思われないので落ち着きます。

また、私は顔の横に髪の毛がないと落ち着きません。

でもメガネがあると横の髪がメガネのテンプルに引っかかってしまうので、髪が広がってしまいました。

それが嫌だったのでコンタクトにしたところ、髪の毛が広がることはありませんでした。
もう一つは、私の場合はメガネよりもコンタクトをしたほうが可愛いと言われる頻度が上がりました。

メガネとコンタクトでは印象が違うみたいで、メガネをしていると「インテリみたい」などと言われました。

コンタクトに変えると「顔自体が可愛い」と言われることが多くなって、女性としてはそのほうが嬉しいのでコンタクトにしています。

コンビニに行くときでも、すっぴんのときでもメガネからコンタクトには変えるようにしています。

コンタクトにすると目の病気になりやすかったり毎回費用がかかるなどのリスクはあります。

でも医師に言われたように正しく使用していれば病気になることも少ないですし、決められた期間で眼科にかからないといけないため、病気があっても早めに発見できることもあります。

私は、コンタクトにしてよかったと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.