> >

メガネの不便さをコンタクトレンズにして一挙に解決



メガネを使用していた時期がありました。
あまり視力が悪くない時には、メガネをかけていてもそれほど困りませんでした。

しかし、視力がもう少し悪くなり、メガネがいつもいるようになると、メガネをしていると、メガネのずれるのが気になったり、メガネが緩むのを直しに行くことが増えました。

メガネが蒸気で曇るということも不便でした。

また、見た目もメガネをかけると、実際よりも目が小さく見えて、実物の顔よりもちょっと冷たい印象になりがちです。

メガネをしていることで、ファンションも限定されたり、顔の印象が決まってきたりしてしまいます。

確かに手軽ではあるのですが、メガネをはずしていて、どこに置いたか分からないとメガネが一つしかない時には、メガネを探すのが大変でした。

間違って、踏んだりすると壊れてしまったりということも、私の家族ではありました。

あと、運動部でしたがメガネが邪魔になるので、メガネをしたままでは出来ないような激しい球技の運動部でしたのでメガネなしで部活をしていました。

しかし、メガネが無いと、反応が遅くなるということも事実でしょう。

メガネからコンタクトレンズに

学生の時に途中から、コンタクトレンズにしました。

メガネでのこれらの不便さは、コンタクトレンズにしてからは、一挙に解決しました。

メガネをとってから顔の汗を拭くという二度手間も無くなりました。

ただ、ハードコンタクトレンズでしたので、手入れの消毒はちょっと手が掛りました。

それからしばらくして、ソフトコンタクトレンズに替えました。

ソフトコンタクトレンズも消毒液に浸すという作業が要りましたが、コンタクトレンズの装着感は、とても快適でした。

時々、水に流しそうになって焦りましたが、それでも、メガネよりは、断然生活がしやすかったです。

そして、その後には、使い捨てのワンデーのコンタクトレンズに替えました。

こちらは、消毒や煮沸も要らないので、本当に楽に使えました。

目が悪いということさえも忘れてしまうぐらいの快適感がありました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.