> >

メガネの方が安心感があって良いと思います



両親がメガネを掛けるほど視力が良くない所為か、私は子供の頃より視力が悪くメガネをずっと掛け続けて来ました。

メガネを掛けないと見たもの全てがぼんやりと見えてしまい、まともに行動が出来ないのです。

ですからメガネなしでは生活できない体となっているのです。

そんな私もコンタクトレンズを使おうかと考えたこともありました。
ですが結局は使わずに、今でもメガネを利用しています。
メガネの方が安心感があって良いと思います

メガネの安心感と経済面

何故コンタクトレンズを使わなかったのかと言えば、それはメガネの方が安心感があり経済的だからです。

コンタクトレンズと言うのはレンズだけを目の上に乗せますから、メガネのような煩わしさを感じる事がないのがメリットだと言えます。

ですがその反面、コンタクトレンズは管理が大変です。

コンタクトレンズは目に直接触れますから、清潔に保っておかないと、目の病気になってしまう恐れがあります。

それがメガネだったらレンズが目に直接触れていませんから、レンズが汚れていても目の病気になる心配をしないで済むのです。

またコンタクトレンズは使用中に眼球の裏側に移動してしまう事がありますから、それも危惧しているのです。

更にコンタクトレンズは小さいので無くしたら見つけるのが大変です。

コンタクトレンズを使っていない視力が良くない状態で、小さなコンタクトレンズを見つけるのは至難の業です。

このようにコンタクトレンズと言うのは、使っていると面倒な事が色々あるのです。

たとえメガネを掛ける煩わさガ解決したとしても、今度はコンタクトレンズの別の煩わしさを得るだけなのです。

メガネと言うのは管理らしい管理が必要無いので、気軽に使えるのが便利だと言えます。
メガネだと死角が発生してしまいますが、それも長年眼鏡をかけ続けていれば、問題に感じる事はほとんどないのです。

それにメガネはおしゃれにも使えるのです。

その日の気分や行動によって、メガネを変えるのは楽しいものです。

メガネは子供からお年寄りまで安心して使えるので、コンタクトレンズよりも信頼性が違うのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.