> >

コンタクトよりも簡単に脱着できるメガネ



視力が悪いと、日常生活に不便で状況に応じて使い分けることが多いです。

仕事で長時間パソコンに向き合ったり、接客の仕事で店頭に立つときなどはコンタクトも使うことが正直あります。

けれど、どちらにしても目が疲れるので眼鏡をふだんは使っていることが多いです。
コンタクトよりも簡単に脱着できるメガネ

眼鏡は簡単に脱着できる

なぜかというと、コンタクトの場合簡単に装着ができず、はずすこともできない、というのが大きな理由です。

眼鏡ならさっとはずして置いておくことができるので、ぼんやりした視界でも支障がないときにははずしたまま作業をすることができます。

眼鏡にしろコンタクトにしろ、視力を調整するもののため私は正直疲れます。

つけたりはずしたりすると視力が弱くなる傾向が進むと言いますが、それよりもずっとコンタクトを入れていることで疲れるほうがつらいです。

偏頭痛もちのせいか、視界に光が多いと疲れるし良く見えすぎることも頭痛を引き起こすことが多いです。

そのため、眼鏡ならば、適度にはずして目を休めることができるので日常で使う分には眼鏡のほうが楽なのです。

経済的にも眼鏡がいい

それにコンタクトの場合、経済的にも定期的にいくらかはかかってしまいますが眼鏡ならば視力が大きく変化しないかぎりしばらくは使い続けることができます。

最近は低価格で、性能もいいけれどデザインのいい眼鏡が各眼鏡会社から出てきます。

ほかの企業とコラボで作られたものなどもあり、選ぶのも楽しいというのも大きいかと思います。

仕事用や、出かける場面や服装などに合わせて眼鏡を掛け替えるのも今ではおしゃれとして多くの人が楽しんでいます。

コンタクトレンズをして、だてメガネをかけることもありますが、どうせ掛けるならめんどくさいので度入りの眼鏡がいいし楽です。

しかし、今までは銀縁など平凡な眼鏡が多かったのでおしゃれに眼鏡を使うことはなかったとは思います。

それが時代の変化でおしゃれなものが増え、選ぶこともかけることもコンプレックスにならなくなったように感じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.