> >

目の病気の早期発見と眼科検診に行く機会が減る



コンタクトレンズは医師の処方箋がなくても購入ができるので、同じ種類のコンタクトレンズを使い続けている人などは最初だけ医師の診察・処方箋を受け、その後は病院や薬局などよりも格安で入手できる通販で購入しているケースが最近では多いと聞きます。
目の病気の早期発見と眼科検診に行く機会が減る
通販では自宅で簡単にサイト比較などで格安な商品を探して購入できる利便性などのメリットもありますが、デメリットとしては代金先払いで商品が届かない詐欺や正規品の取り扱いが曖昧なお店なども存在しているのでサイト内容や口コミ評価の確認はしっかり行ってから購入することが大切だと思います。

私もコンタクト歴が長いですが格安通販でコンタクトレンズを買ったことは正直ありません。

安さと眼の安全性を天秤にすると

私が格安通販で買わない理由としては、視力が悪い上に近視がひどいので定期検診がてら自分に合う種類のレンズを診察でその都度調べて安心して使用したい思いが強いのと、通販で購入すると眼科検診に行く機会が減ってしまい病気の早期発見が遅れてしまいそうな気がするからです。

目の場合は一度悪くなると回復するが難しいケースが多いし悪くなってから後悔しても遅いので、安さと安全性を天秤にかけて考えた場合どうしても安全性をとってしまいます。
多分、通販でコンタクトレンズを購入しない人の多くは医師の処方箋がなくても大丈夫なのか安全性への不安感から購入しないケースが一番大きいのではないかと思います。

ただ、コンタクトレンズは使い捨てなどの消耗品も多いので少しでも安く通販で格安のコンタクトレンズを購入したい気持ちも理解できます。

コンタクト通販のメリットとデメリットを理解

そのため、通販でコンタクトレンズを購入する場合はメリットとデメリットをきちんと理解することが必要だし、コンタクトレンズによる目のトラブルは気がつかない内に視力の変化や角膜が傷つくなど重症化する危険もあるので、たとえ通販で購入していたとしても、年に1・2回は定期的に定期的に眼科検診を受けることが何よりも大事だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.