> >

医師の診断によって異変に気づきました



私はコンタクトレンズは必ず眼科の医師に診察を受けてから購入することにしています。
その理由は、眼科医の診察により、私の目の異変に気付いてもらったからです。
医師の診断によって異変に気づきました
私は15歳の時からコンタクトレンズを使用しています。

かれこれ25年以上経ちます。

当時はソフトコンタクトレンズは煮沸消毒をするものであったため、手入れが面倒と思いずっとハードコンタクトレンズを使用していました。

特にハードによる目の中のゴロゴロ感は気にならなかったので、ずっとハードを使うつもりで使い続けていました。

ハードを使い始めて20年近く経ったある時、数年ぶりにコンタクトを新しいものにしようと思い、眼科に訪れた時のことです。

コンタクトの度の調節をしたり、いろいろな目の検査をしたりして、その後かなりの長時間の待合に疲れ切った後の診察でした。

私の目をずっとスコープで観て眼科医は何度も瞬きをするように指示してきました。

私の目に異変が起こってる

私の目に異変が起こってることがその時にわかりました。

眼球の写真を何度も撮られて見せてもらいました。

コンタクトをつけていたら、瞬きをするとコンタクトが涙の流れにより眼球の上から下にストンと落ちるものですが、その落ち方が右目と左目が全く違うと気づいてくださったのです。

そして、目のアップの写真を左右で見比べてみると、明らかに右のまぶたが垂れ下がっているのがわかりました。

これは、ハードレンズを長い年月をつけていた人によくある現象だとの説明がありました。

このまま、ハードレンズを使っていたらどんどんまぶたが垂れ下がっていくと言われました。

この時点でソフトコンタクトレンズに変えると、その進行を遅らせることができると言われました。

ただ、まぶたが元通りになることは形成外科で手術をしないと治らないと言われました。

現時点では、見た目は全く左右同じなので何ら問題はないのですが(医師もスコープをじっと覗いて気づいたものなので。)このままハードレンズを使い続けていたらと思うと、医師の診断を受けてよかったと本当に思います。

そのこともあって、私は通販では買わないで定期的に医師の診察を受けるために眼科に通っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.