> >

海外旅行でのコンタクトレンズのトラブル



海外旅行に行くときにはいつもコンタクトで頭を悩ませます。
海外旅行でのコンタクトレンズのトラブル
通常はめがねで行きたいのですが、現地で泳いだり、スポーツをしたりすることを考えるとコンタクトを持っていかざるを得ません。

普段は2週間使い捨てのレンズを使用しているのですが、旅行用としてインターネットでワンデーのレンズも購入しています。

2週間用のレンズだと、洗浄液や洗浄ケースを持って行かなければならないのに対し、ワンデーだとそれが必要ありませんし、いつでも気軽に捨てることが出来るからです。

とはいえ必ずといっていいほど、旅行中にはコンタクト関連のトラブルが起きます。

コンタクトレンズが目に入らない

まずひとつは海外旅行に行くと疲れだの、時差ぼけだのでなかなかコンタクトレンズが目に入らないということです。

普段はさっと入るのに旅行中に限って入りません。


コンタクトレンズを紛失

また海に入るときも必ずといっていいほどレンズをなくします。

一度紅海に行ったときは、シュノーケリングを始めてすぐに水が目に入ってしまい、コンタクトをなくしてしまいました。

その後すぐにめがねに切り替えたのですが、めがねとゴーグルのサイズが合わず、世界有数という素晴らしくきれいな海の中を裸眼で泳ぎました。

また、海外に行くとその国の言葉が読めないので、コンタクト関連のものが買えないというトラブルもあります。

コンタクト洗浄液を空港で没収

一度2週間使い捨てのレンズを持っていったとき、行きの空港のセキュリティチェックでコンタクト洗浄液が液体で、大きすぎるという理由で没収されてしまい、到着ターミナルで購入する必要が生じてしまいました。

メーカーによって洗浄液も違うと思ったのですが、しょうがないので、一番たくさんあるメーカーのならすべてに対応しているだろうと一番たくさんあるメーカーのものを買いました。

しかも洗浄は漬けるだけのものなのか、洗う必要があるのか、すすぐ必要があるのかもわかりませんでした。

後日確認したところ、ただのすすぎ液で、洗浄液ではないことがわかりました。

英語でも説明が書かれていたので、英語のコンタクト用語ぐらいは理解していれば良かったと思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.