> >

コンタクトは心身ともに明るく健康なものにしてくれる



私がメガネではなくコンタクトをする理由はなんといってもわずらわしさがなく、気持ちが軽くなるからです。

目が乾きにくいとか、目に負担がかからないという意味ではもちろんメガネも楽です。

でも、長時間かけているとやはり重さを感じますし、耳の後ろが痛くなったり、頭痛がすることさえあります。

激しく動くとずれてしまいます。

メガネを上下に揺らしながら走ったり、変な体勢で作業をしている時にメガネがずれて前が見えない時などは、我ながら格好悪さに赤面してしまいます。

無意識のうちに大きな動きを避けるようになり、スポーツをやるのも億劫になりがちです。

コンタクトに比べたら視界も狭まりますし、車の運転にも不向きです。

また、ちょっとはずしてその辺に置いたメガネを思わず踏んでしまいフレームを曲げてしまったというようなハプニングは、誰もが一度は経験しているのではないでしょうか?

本当に視力が弱い人は、メガネが壊れてしまったら途端に生活に困ります。

壊れたその場所から一歩も動くことができないという非常事態に陥ってしまう可能性もあります。

お風呂やプールなどメガネをしているわけにいかない場所での心もとなさといったらありません。

メガネをしているとだんだん生活が根暗に

なんとなく、メガネをしているとだんだん生活が根暗になっていってしまうような気がします。

しかし、コンタクトならそのような心配は全くありません。

いつでも視界良好で、わずらわしい重みもないため、自然と足取りが軽くなってきます。
メガネによる鼻の付け根のメイクの落ちの心配もないため、明るい気持ちで外を歩けます。

明るく健康なものにしてくれる力

コンタクトには日々の生活を心身ともに明るく健康なものにしてくれる力があると思います。

以前、友人がレーシックの手術を家族に反対された時に「手術の心配はあるが、もし明日災害が起きて私のメガネがつぶれてしまったら、結局私は逃げられなくて死んでしまうんだ。

明るい未来を生きるためにも今レーシック手術をする!」と言って説得したそうです。

少し極端ではありますが、たしかにそのとおりかもしれません。

やはり、人間の本来あるべき姿に近い状態でいた方が自然でしょうし、人がより輝く手助けになると思います。

以上のような理由から、やはり私はコンタクト派です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.