> >

見かけも重要だけど、目に直接装着するのでコンタクトは便利



コンタクトレンズを使い始めたのは中学校の1年生のときだったので、もうかなりの年数です。
私は視力が中学校に入ったころからがくんと落ちてしまいました。

いろいろ原因はあると思いますが、一つはイラストを描いていたので目を使いすぎていたことと、ものを見るときの癖で少し顔をかしげるように見ていました。
そのせいか、片方の目の視力がとても落ちていきました。

気がついたときには、1.2と0.2という超アンバランスな視力でした。
それがコンタクトレンズを使い始めた大きな原因です。

最初は眼鏡を作ることを勧められました

当時、中学校に入ったころの時期と言うのは思春期のはじまりのときで、見かけをとても気にしていた時期でした。

眼鏡をかけると周りに冷やかされるんじゃないか、似合わなかったらどうしよう、という不安な気持ちだったので、絶対にいやだ、と言う先入観がありました。

それと同時に、片方の視力が眼鏡を必要としていないので、度のはいっていないレンズを使うことになる、と聞いてこれも眼鏡を嫌がった理由の一つです。

そして、その眼科医は当時今ほどコンタクトレンズが主流派ではなかった時代に、コンタクトレンズ専門医として看板を揚げていたので、それじゃあコンタクトレンズはどうかしら、と勧めてくれたのです。

それでコンタクトレンズを買うことになった

今思うと、ソリューションや衛生用品を常に買わなければならないので、コンタクトは高いものだと言うのはよくわかります。

でも、実際コンタクトをその後も使い続けている理由は値段以外にもあるのです。

中学、高校と運動系の部活に入っていました。球技だったので、眼鏡はやはり激しい運動には向かないことです。あのときのプレーを眼鏡をつけてやってみる、というのは無理なことだと今でも思います。

最初は見かけや先入観があって眼鏡ではなくてコンタクトレンズを選びましたが、一番の理由はやはり行動や運動には目に直接装着するのでコンタクトは便利だ、ということです。

実際に眼鏡をかけているときよりもものがよく見えやすいと感じています。 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.