> >

コンタクトレンズをつけっぱなしで寝て眼球に傷がつき化膿してしまった



私は、子供のころから目がとても悪いので、かれこれ15年以上コンタクトレンズを使用しています。

私が大学3年生になったばかりのころ、目がすごくかゆくなってしまい、コンタクトレンズをつけっぱなしで、右目をごしごしとこすりました。

すると、こすったいきおいで、目に傷がついてしまったのでしょうか、少し右目に不快感を感じました。

でも、どうせたいしたことはないだろうと思い、コンタクトレンズをしたまま眠りにつきました。

すると次の日、自分の部屋のカーテンを開けると、目に何かが突き刺さるような痛みがはしりました。
一週間ピンセットで眼球を突かれた思い出

もしかしたら、目が傷ついたところのせいかもしれないと思い、鏡で右目をチェックしました。

でも、別に変わったところはありませんでした。

念のために、両方のコンタクトレンズを外し、メガネをかけました。

でも、右目の痛みは止まらず、かえって痛みが強くなりました。

家の外に出てみると、太陽の光がまぶしすぎて、目をしっかり開けることができませんでした。

私は、失明してしまったらどうしようと、いきなり心配になりました。

タクシーに乗って眼科へ

光を見ると、目がショボショボになってしまって、歩いて病院に行ける状態ではなかったので、タクシーに乗って急いで病院に行きました。

病院では、症状を話すとすぐに診察してもらえました。

目が化膿していた

お医者さんの診断によると、目が化膿しているということでした。

右目の上の方の膿んでいる場所を、毎日病院に行って一週間かけて治療しなければならないと言われました。

右目が化膿してしまった原因は、目をこすった時に、眼球に傷がつき、傷跡からばい菌が入り、コンタクトレンズをして眠っている間にばい菌が増殖してしまったということでした。

それから、毎日病院に通い、麻酔なしで、眼球の化膿している部分をピンセットで取り除く治療を一週間しました。

毎日、ピンセットで目を突かれましたが、痛みは全く感じませんでした。
この目のトラブルがあってからは、コンタクトレンズをつけっぱなしで眠ることはなくなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.