> >

生来のメガネっ子ゆえにコンタクトレンズは使ったことがない



小学3年生の頃から視力が低下しはじめ、メガネをかけるようになりました。
生来のメガネっ子ゆえにコンタクトレンズは使ったことがない
高校生ぐらいまでは年々度の低下が激しく、1~2年ごとにメガネを作り替えなければならないほどでした。

もともと父親もメガネをかけていたのでなじみの眼鏡屋もあり、ずっとそこでお世話になっていました。

だからメガネに対して違和感や抵抗感がなかったです。

高校生ぐらいから、周りではコンタクトレンズを使用している友だちも増え、当時はメガネがあまり好まれない雰囲気でもあったので私もコンタクトレンズを勧められたこともありました。

しかし、メガネで特に不満もなくコンプレックスを感じていなかったので、あえて高価なコンタクトレンズに替えようという気にはならなかったのです。

コンタクトレンズは高価なものという印象

私が高校生の頃はまだ使い捨てコンタクトレンズも今のように普及していませんでしたから、とても高価なものという印象でした。

加えて、目を傷めるなどのトラブルもよく聞き、どちらかというとコンタクトレンズは恐いものというイメージが強かったんですよね。

落としてなくしたり踏んづけて割ってしまったという話も聞いていて、高価なコンタクトを一瞬で壊してしまうことへの恐怖感のようなものもあったと思います。

なので、世間の冷たい(?)メガネっ子への視線にもめげずに、大人になるまでずっとメガネで過ごしてきました。

手軽にメガネを購入できるようになった

最近では使い捨てコンタクトもいろいろ進化し、手軽に購入できることもあって確かに魅力を感じることもあります。

しかしそれ以上に、10年ほど前からの激安メガネショップの台頭により昔よりも手軽にメガネを購入できるようになったことでメガネに対する親近感が大きくなったことのほうが大きいです。ますますメガネ愛好家になりました。

メガネがファッションになり、巷でもかけている人が増えましたよね。

おかげでもともとメガネっ子だった私も肩身の狭い思いをせずにすむようになったんです。

そうなるとますますコンタクトレンズを使う必要性が感じなくなり、結局使わずに現在に至っている次第です。

これから老眼が入ってくる歳になりますし、もうコンタクトレンズを使うことはないと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.