> >

コンタクトレンズをしない理由は怖い&高額だから



私の目は乱視、近視の混合です。
コンタクトレンズをしない理由は怖い&高額だから
子供のころは、軽い近視でしたが、授業中はメガネをかけるくらいで済む程度でした。

高校、大学と進むにつれ、気付くと乱視が入っていました。

バスや電車での読書は、乱視になりやすいという話を聞いていましたが、そのせいだったのかもしれません。

ただ、周囲の友人たちがコンタクトに変えていても、私は乱視が入ってもメガネをかけていました。

やはり目にコンタクトを入れるのは怖い、という気持ちが強かったですし、なくしたら高額なので、親に迷惑をかける、という気持ちも大きかったです。

経済的負担はメガネよりコンタクト

経済的負担はメガネよりコンタクト、そんな風に考えていました。

大学、社会人になって、メガネはその後も定期的に買い換えていました。

何となくフレームがそのときのファッションに合わない、視力が合わなくなっている、そんな理由でした。

生活スタイルが変化しながら、授業中は常にメガネをかけるようになり、レポート作成などの自習時にもメガネをかけるようになりました。

近視というより、大学生の頃に乱視が強くなっていました。

就職後、勤務時にもメガネをかけることが増えました。

接客業でしたが、とても広い店舗で、商品やお客さまの表情が離れていると良く見えないことがあるので、メガネをかけていました。

視力もこの頃には、コンタクトとの併用を勧められる範囲になっていました。

でも、なんとなくコンタクトが怖いという気持ちが薄れず、使っている人たちにいろいろ聞いてみたり、使っているところを見ても、迷った末にメガネをかけていました。

ファッションにも合わせやすい、また、メガネをかけることで初対面の人にも緊張せずに話せるような心理的効果もあったように思います。

その後、事務作業の多い部署に異動になり、目を酷使するようになり、パートナーから勧められてコンタクトにしました。

コンタクトが落ちた

しばらく使っていましたが、あるとき、残業が続いて目もかなり疲れていたときに・・・
ポロッと目からコンタクトが落ちました。

あまりの衝撃に、それからコンタクトが使えなくなりました。

乾燥しすぎていたのでしょうが、乾いている目にコンタクトを入れるのも痛いと感じてしまったのです。

今は、必要なときにはメガネをかけて過ごすことにしています。

コンタクトはやはり怖い、それが視力が下がってもメガネをかける最大の理由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.