> > >

視力悪くて大変だったトラブル



視力悪くて大変だったトラブル
小学校の頃から目が悪くなりだして、中学生ではすっかり眼鏡生活でした。眼鏡かければ見えるので、子供の頃は深く考えてなかったんですが、大人になると目のトラブルが出てきました。

コンタクトレンズによる結膜炎

つらかったのはコンタクトレンズによる結膜炎になったときです。

高校生の時に、親がコンタクトレンズを買ってくれたのですが自分で消毒や洗浄しなければいけないタイプのものでした。

管理がうまくできなくて、レンズに汚れがついたまま使用してたら目が真っ赤になって激痛を感じたのです。

角膜が傷だらけ

眼科に行ったら「角膜が傷だらけになっている」と怒られました。

それ以降は使い捨てレンズを使っていました。

目のトラブルは無くなったのですが、一日使い捨てだとお金もかなりかかります。

独身の頃はそれでも払っていたんですが、結婚して専業主婦になったので家計のことを考えて眼鏡生活に戻りました。

主婦になってからの眼鏡生活も困ったことがありました。

子供にメガネをぐにゃっと曲げられた

子供が眼鏡をいじるんです。興味があるみたいで、勝手に触ってぐにゃっと曲げられたことも数多くありました。

あとは思わぬ頭突きを喰らって眼鏡がふっとんだりしたことも。その度に眼鏡屋さんに行くことになり、店員さんにすっかり顔を覚えられてしまいました。

子供のいたずらが一段落したと思ったら、今度は視力が下がってきました。

眼鏡屋さんに行って見てもらうと、乱視が進んでたのでぼやけて見えるとのことでした。
今までは近視だけだったのですが、乱視になると二重に見えて気持ちが悪いですね。

合わせた眼鏡を作ってもらいましたが、それでも夜の運転は疲れます。

一番見えにくいのが信号で、疲れ目のせいもあるのかぼやけて見えるのがすごく気になります。

眼鏡屋さんからは「今はまだ大丈夫だけど、もうすぐ老眼にもなりますからね」と脅されてます。

近視と乱視と老眼、私の目はどうなっちゃうんだろうと不安になってます。

眼鏡も遠近両用というものになるんでしょうね。目はいいに越したことはないと40歳を目前にして感じています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.