> > >

目を細めるから化粧がよれてしまって…



目を細めるから化粧がよれてしまって
わたしは、中学生くらいのころから徐々に視力が低下してきました。

車の運転と仕事中以外は無理やり裸眼生活

今では視力0.2もないのですが、コンタクトは体に合わないし管理も難しい、眼鏡は長時間かけているとひどい頭痛がしてしまう…ということで、車の運転と仕事中以外は無理やり裸眼で生活しています。

特に不自由はしないつもりでいたのですが、この間こんなことがありました。

友人と会うために、普段は利用しない電車に乗ることになったその日。

当然PiTaPaやSuicaのような電子マネーも持ち合わせないわたしは、券売機に並んで高いところに張り出してある路線図を睨み、思いっきり目を細めてなんとか料金を読み取って無事切符を買うことができました。

久しぶりに会った友人は、笑顔で手を振って近づいてきた後、すぐになんだか複雑な険しい顔をしてわたしを引っ張ってトイレに連れて行きました。

何か怒らせるようなことをしたかな、遅刻はしていないはずだけどとわたしが驚いていると、友人は鏡を見るように言いました。

変な顔はもともとだけど、今日はきちんと化粧をしてきたよ、と鏡を見てもいつも通りの私が見えます。

友人はため息をつき、小さなコンパクトを差し出してくれました。

眉間に思いっきりシワ

覗き込んでみると、眉間に思いっきりシワが…。

そこにファンデーションがよれて溜まってしまっていたのです。
そういえば友人の職業は化粧品販売員だった…。

「あんたね、もういい年なんだから気をつけなさいよね」と久しぶりに会ったのにいきなり怒られてすっかりヘコんでしまいました。

わたしの視力ではトイレの手洗い場の鏡くらい距離があると、見えるのは自分の目鼻立ちくらいで細かいところは見えなくなってしまうのです。

友人の勧めもあって今ではコンパクトを持ち歩いていますが、化粧直しはそう頻繁にできるものではありません。

何よりやっぱりまだ一応20代の女子としては、そんな顔で表を堂々と歩いていたということがショックでした…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.