> > >

現在、両眼の視力0.06



幼いころより視力が低いので視力が良くなることの想像はできません。
現在、両眼の視力0.06

中学生の頃は視力0.6

幼いころは今ほど視力は低くはありませんでした。
中学生の頃でも0.6はあったと思います。

その頃はメガネでした。

授業以外ではメガネをかけず過ごすことができていましたが、やはり視力は低いので周りはぼやけて視えていました。

暗い所で本を読むこともテレビを近づいて見ることもしないよう気を付けていたのですが大人になるにつれてだんだんと視力が低下していきました。

テレビでは、目にいいといわれる事や食べ物の特集をよくやっています。それらを実践してみても長続きしない為か視力はよくなってはいません。

また、仕事柄パソコンをよく使いますので目を酷使しています。

酷使しすぎると頭痛やめまい、肩こり等の症状がでてきます。

コンタクトを使用しておりますが、目をたくさん酷使した日にはいつも以上に視力が低下しているのかよく見えません。

特に、夜や雨の日に車を運転する時にはよく見えません。

中学生時には0.6あった視力、この視力でも人の顔かたちはまだわかります。

現在の0.06という視力では

現在の0.06という視力では顔かたちどころか色の判別が難しい時があります。メガネやコンタクトをしても1.0がせいぜいです。

家では裸眼で過ごす

最近では、家に帰るとすぐにコンタクトをはずしメガネもかけず裸眼で過ごすようにしています。

当然、テレビの画面やその周辺のものはまったく見えません。

ですが裸眼のためか肩こりや頭痛は起こりません。
気分が良い状態で過ごせています。

そして、少しでも良い状態を保てるように目に良いといわれるツボに『お灸』をしてみたりホットアイマスクで目を休ませるように心がけています。

視力向上には「遠くの緑を見るとよい」と言われています。

登山をしていますので、その言葉を信じ、登った時にはそれを実行しています。

これがどこまで効力があるのかわかりません。
ただ、以前のように途中で辞めず地道に続けていこうと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.