> > >

メガネとコンタクトの度に差が生じる悩み



メガネとコンタクトの度に差が生じる悩み
視力が悪いといろいろな面で不便ですが、中でもメガネとコンタクトを両方使用するのですが、度の差が生じてしまうのです。

同じ度のレンズにしてもコンタクトは目に密着しますが、メガネの場合はメガネの目の間に隙間がありますから同じ度でも見え方が変わってしまいます。

そしてコンタクトで慣れてしまうと、メガネをかけたときに矯正の視野と裸眼の視野の両方が見えてしまい、眼にさらに負担をかけてめまいや頭痛が起こったりします。

個人差はありますが、わたしの場合はそういったことが生じてしまいます。

その解決方法としては出来るだけレンズが広いものを使用するようにしています。

度が悪いともちろんレンズの厚さは厚くなってしまいます。

メガネのフレームが小さいほうがカット代がかからないということはありますが、常につけるものですから多少値段をかけても自分に合ったメガネを使用することをオススメします。

メガネとコンタクトを同じところで作る

そしてメガネとコンタクトを同じところで制作することをオススメします。

見え方のチェックなども出来ますし、専門の店員さんからのアドバイスもいただけます。
もしくはまずは眼科で処方箋をもらうのも良い方法だとも言えます。

視力は年々進んでしまいますから、眼に負担をかけないためにも定期的なメンテナンスが必要になってきます。

わたしは一日の中でメガネとコンタクトを使用しないのは睡眠するときくらい、生活の中でメガネとコンタクトはかかせませんが、極力目を休める為にも取り外しが簡単に出来るメガネを使用する頻度が高いです。

仕事中でも眼が疲れたらメガネならば簡単に外せますが、コンタクトですとケースや保存液を常備していないとそう簡単には外すことはできません。

目を酷使する仕事中はメガネを着用し、プライベートで出かけるときはコンタクトを着用すると言ったように場所や用途によって使い分けるようにしています。

そうすることによって眼を休めることが出来るのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.