> > >

結局、視力が悪いというだけでお金がかかる



視力が悪いというだけでお金がかかる
子供の頃から視力が悪く、すでに高校生の時には左0.02、右0.03でした。

近視で視力が悪い上に強い乱視も入っていたので、どうしても度が強いレンズでメガネを作ることになり、コンタクトレンズも度が強いものになります。

昔は度が強いとそれだけ高額だった

今でこそ度が強くても安価で入手することができますが、以前は度が強いとそれだけ高額になりました。

メガネひとつでも度が強いからどうしてもレンズが厚くなる、薄いものにしたければ良いレンズを、良いレンズなら高額になる、といった具合で、メガネフェアなどで安く買おうとしても結果的に高額になっていました。

コンタクトレンズも同様で、メーカーによっては度によって高額になることがあり、安いコンタクトを購入しようとしたら聞いたことがないメーカーのものを買うことになる、ということもありました。

価格を取るか、安心のメーカー知名度をとるかといわれて、目に万が一のことがあったら困るのでどうしても高額のものを選んでしまいます。

結局、視力が悪いというだけでお金がかかるのです。

年齢的なものや仕事で一日中パソコンを使用していることもあり、目にかかる負担は相当なものです。

定期的に眼科での検診をしておかないと、それ以外の目の病気にかかりやすいので注意しています。

また、近視、乱視でコンタクトレンズをしていると目に酸素が足らなくなりますので、仕事上ドライアイになりやすく目薬も手放せません。

ドライアイがひどい時には、眼球が腫れているのかと思うような強烈な痛みで目が開けられなくなります。

視力が良ければコンタクトレンズをする必要もないので、眼球が酸欠になることもありませんが、近視や乱視はそうはいきません。

目に負担をかけないように仕事が終わるとメガネに替えますが、コンタクトの圧迫感からは解放されるものの、メガネも次第に度があわなくなってきます。

年齢的なもので老眼になれば、また目の負担も増えますし、メガネやコンタクトレンズも買い替える必要が出てきますので、さらなる出費と目のケアが必要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.