> > >

視力維持のためにしていること



私は小学生のころから視力が低いです。
そのせいでずっと眼鏡を使用しています。
視力維持のためにしていること

視力が低くて困ること

まず視力が低くて困ることは何と言っても、日常生活で正確に物が見えないことです。

眼鏡なしでは近寄らないと人の判別もできず、物を取る際の距離感もうまくつかめないこともあります。

また、その眼鏡も決して金額が安くはない物の上、2~3年でレンズに傷がついたりコーティングが取れてしまったりと見るのに不都合が出るため、定期的に買い替えなければなりません。

最近ではレンズ代込みの均一料金のお店がたくさん出てきたので少しは助かっていますが、今まで眼鏡にかけた金額の総計はものすごいことになっていると思います。

眼鏡も日常生活ではいいのですが、スポーツをする場面などでは、ずれてしまったり邪魔になったりします。

そして大人になってからは、別の場面での悩みも出てきました。

外出の際は化粧をするのですが、眼鏡をとってするため、鏡にだいぶ近寄らないとできないし、何より時間がかかります。

鏡も大きめなものの前でしないとやりにくく、外で化粧直しをする際も場所を選ばないといけないので大変です。

また、化粧をした上に眼鏡をかけると、鼻パッドが当たる部分だけ化粧が取れてしまったり、眼鏡に化粧がついてしまったりで見た目にあまりよくない状態になったりします。

視力が良ければ上記の悩みはないのにな、といつも思います。


視力が落ちないように努力していること

とにかくこれ以上視力が落ちないようにしようと、毎日5分間でもいいので、眼鏡を外して遠くの景色を見つめる時間を作っています。

目が疲れたな、と感じた時も眼鏡を外し、遠くを見つめながらゆっくりまばたきをしたりこめかみをマッサージするようにしています。

その効果かどうか、ここ十年は視力は変わっていません。

それから、電気を落とした暗い状態で携帯などの液晶を覗かないようにしています。

疲れ目の状態をなるべく作らないように、目を酷使したあとはゆっくりと休めることを意識しています。

あまりに疲れてしまったときは、クール系の目薬をさすととてもスッキリします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.