> >

通販自体が怖いので利用しません



私は、コンタクトを目の中に入れること自体怖かったので、通販という実際目で見られない手段、しかも定価よりだいぶお安いものは怖くて目の中に入れられません。

徐々に視力が落ちてきて、そろそろメガネを…と思ったとき、使い捨てのコンタクトで様子を見てからメガネを作ったほうがいいとアドバイスをもらいました。

使い捨てに高いお金を払うのはもったいないと思いましたが、粘膜を傷つけたり最悪、失明なんてことになったら怖いので、全て病院で診てもらいました。

何にでも言えることだと思いますが、目先の安さばかり見て、リスクやその先の損害を考えないと「安物買いの銭失い」になってしまいます。

テレビやネットで処方箋のないコンタクトのでの事故が取りだたされると、やはり怖いですし、自分だけは大丈夫とは思えませんでした。

通販だと「完全なる自己責任」

あとやはり、通販だと「完全なる自己責任」になってしまいます。

変な話、何かあっても誰のせいにもできないです。

確実にコンタクトが原因で何かあってもコンタクトのせいにできないのです。

それからの治療費、もしくは失明後の生活、その補助等全て自分のせいです。

それが何かの部品であったり家具や家電だったら「高い勉強代だったね」や「次はしっかりしたの買おう」と思えると思いますが、それの被害が「物」ではなく「自分の体」だったらそんなこと思えません。

治療でどうにかなるものだったら「次はちゃんとしたものを…」とは思えますが、失明したらそんなこと思えません。

処方されたものであれば怒りのぶつけ先もありますが、やはり完全に自己責任です。

購入したものが届いていざはめてみると眼球のカーブや度数が合わないこともよくあるそうで、交換もしてもらえないそうです。

処方箋で購入したものの場合は、買った店で無料で交換してくれるそうです。

通院が多少面倒でも目に合わないものをずっと着けているよりはストレスが少ないです。
やはり処方箋で購入したものは違和感なくつけられるので安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.