> > >

私が視力が悪いことで苦労してきたことあれこれ



視力が低いことの悩みは、普段はコンタクトレンズを使用していますが、落とした時や災害にあった時のことを考えると、いつもメガネを持ち歩かなければならず、荷物が増えます。
私が視力が悪いことで苦労してきたことあれこれ

また、メガネやコンタクトレンズ代として、視力の良い人に比べて余計なお金がかかります。

ハードのコンタクトレンズが目に合わず、1dayの使い捨てコンタクトレンズを使っており、1日約140円のコンタクトレンズ代がかかります。

かなり視力が悪いので、少しの距離をメガネをかけないで歩くことも不安なため、寝るときも近くにメガネを置いておかないといけなく、子供に踏まれて壊されました。

メガネをかけると目が小さく見えるので、外出時にメガネをかけで出るのがイヤなので、おしゃれでメガネを楽しむことができません。

温泉などでコンタクトをしていないと歩くのも危なく、景色も楽しめません。

スポーツも思う存分楽しめません。

部活動でコンタクトレンズを落としてなくしてしまったことも何回もありました。水泳もゴーグル無しでもぐることは難しいです。

少し眠いなと思っても、コンタクトレンズをしたまま寝ると、目が乾いて痛くなるため、仮眠がとりにくいです。

今一番の心配は、子供にも視力悪さが遺伝するのではないかということです。

視力を良くするための工夫としては、レーシック手術にも興味はありますが、今のところこれ以上視力を悪くしないように気をつけています。

毎日コンタクトレンズをしていると目が疲れて痛くなるので、家にいる日は1日中メガネでいるなど、目を休める日を作るようにしています。

また、基本的なことですが、暗い部屋でテレビをみない、本を読まないように気をつけています。

お金の面でもコンタクトレンズはネット通販で買うようにしています。

ただ、ネット通販で買うようになってから、定期的な眼科検診を怠っているので、視力が悪くなっていないかわからないこと、他にも異常がないかわからないことが少し気がかりです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.