> > >

コンタクトレンズで困ること



まず、目が悪くなり出したのは小学校5年生の頃です。
多分、仮性近視で今なら治ると思います。

それ以来、目が悪くなり続け今では裸眼で両方とも0.04くらいです。
メガネが無いと抽象画の世界です。

それでも、高校生の時など恰好をつけて眼鏡をかけないで過ごしていました。

これで非常に困ったのが、友人と一緒にいるときに「あっ、あの子可愛い」と遠くにいる女子を指すのですが、自分は目が悪く見えないのが非常に困りました。
コンタクトレンズで困ること

コンタクで困ること

また、大学の頃から現在までコンタクトレンズを使用しています。

これで作るときにまた困ったことがあります。

それは、目が悪すぎで保管しているコンタクトレンズに合うものが無く、取り寄せになり時間がかかるということです。

一番最近に作ったらさすがにそのようなことはなかったですが、20年くらい前はまだあまりコンタクトレンズも今より普及していなかったのも関係していると思います。

そして、コンタクトレンズはとにかくランニングコストがかかります。
それと、毎日の手入れが面倒です。

それと、いつコンタクトレンズに不具合が出たり、最悪破損した時のことを考えて、常にメガネとコンタクトレンズの保存液を持ち歩くことも強いられます。

また、メガネも作らないといけないので結局、目が良い人より目のことでかなり出費します。

もう、自分はこれ以上目が悪くはならないと思いますが、一時は以前より目が悪くなったら新しいコンタクトレンズとメガネを購入していたので目の悪いことでかなりの金額を使っていると思います。

一時は、本気でレーシックを受けようと思っていましたが、妻にあっさり却下されました。

今は、スマホのアプリや本で「目が良くなる」というものがあります。

模様をある2つの方法で見ると、立体的な図がみえるというものです。

これも、自分は1週間くらいかけて見えるようになり気長に1ヶ月くらい見続けましたが正直、あまり効果があるとは言えませんでした。

最近は老眼も入ってきて近くのものを見るとき、無意識に遠ざけて見ています。

これも、ひどくなるとまたコンタクトレンズとメガネを買換えなくてはならないので頭が痛いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.