> > >

世界がぼやっと見える事の不便さ




私は中学生の頃から、目が悪くなり、その当時は授業中だけメガネをしていました。

目が悪くなった当初は黒板の文字がとても見づらく、前の席にいきたいなと感じた事もありました。

なので、メガネを買ってもらいその問題は解消されましたが、どんどん視力が低下していきました。

普段の生活でもメガネが無くてはいけないなと感じるようになりました。

人の顔が近くで見ないと誰か分からない程になってきた時とか、駅での電車出発時刻の電光掲示板も見えないので、生活に不便になりました。

高校に入りコンタクトにしたので、普段の生活も問題なくずっと目が良い状態を保つ事が出来るようになりました。

ですが、毎日の生活でコンタクトを入れたり洗浄したりするのも面倒ですし、目が良ければその費用もかかる事がないので、嫌でした。

その時は1DAYの使い捨てコンタクトとかは、主流では無かったので、プールの授業の時とかはコンタクトを付けたまま入りで、出来るだけ目を開けないようにしていました。

ゴーグルをしていれば、目を開けても大丈夫なのですが、それ以外は無くなると怖いので。

でもコンタクトをしないと全然人の見分けも付かないし、楽しさが半減してしまうので、付けていました。

社会人になり、デスクワークでのコンタクトを付けた状態での作業はかなり目に負担がかかりました。

帰宅する頃には、目が赤く充血し、よく同僚の人に大丈夫?と聞かれていました。

目がかすんで、肩こりも酷くなり、目が悪いとコンタクトの影響でより目に悪い事をしている事が辛かったです。

なので、出来るだけメガネで行くようにしてからは、目の充血は改善されました。

とにかく目にこれ以上の負担をかけないように、コンタクトをして出掛けたとしても帰るとすぐに外して、メガネに変えるようにしています。

目の悪さは目の筋力低下による、血流の流れの悪さが影響しているので、今では出来るだけ目に血流がいくようにと肩を回したり、遠くを見つめたり。

ちょくちょくそれをするように心がけています。

家では出来るだけ裸眼で過ごすようにし、矯正に慣れ過ぎないようにしています。

それのおかげで、だいぶ眼精疲労がマシになったので、これからも目を労わってあげて、視力がこれ以上低下しないようにしたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.