> >

冷静に行動を!コンタクトレンズが外れなくなった時の対処法



コンタクトレンズを長時間つけっぱなしにしてしまって、なかなか外れなくなり、困った経験はありませんか?

恥ずかしながら、私も、何度か経験済みです。
「このままずっと外れなかったらどうしよう」、そんな不安と目の違和感。
慌てて眼科に飛び込んだこともありました。
冷静に行動を!コンタクトレンズが外れなくなった時の対処法
コンタクトレンズを使っている方なら、誰もが同じシチュエーションに陥る可能性があるはず。経験から学んだ対処法を、シチュエーション別にまとめてみました。

もしもの時も、正しい対処法の知識があれば安心です。日常的にコンタクトレンズを使用している方、必ず目を通して頂ければと思います。


コンタクトレンズが目に張り付き取れない時の対処法

目の乾きがひどい時、コンタクトレンズを外したくても、目に張り付き、取れないこと、ありますよね。

そんな時には、コンタクトをつけたまま使用できる目薬で水分を補充、数秒間目をつぶってコンタクトの表面を濡らした後に、もう一度チャレンジしてみて下さい。

やっぱりうまく外れない場合は、まぶたの上からコンタクトの縁を軽く押さえて、少しだけ耳の方へと引っ張ります。

張り付いていたコンタクトが、目から浮くので、外しやすくなるはず。指が濡れた状態だと、上手にレンズをつかめないので、ティッシュ片手にチャレンジすることをおすすめします。


コンタクトレンズが行方不明で外せない時の対処法

「コンタクトを外した覚えがないのに見つからない」、そんな時には、鏡を見ながら上下左右に目を動かし、目の中のレンズを探します。
目の構造上、眼球の裏にコンタクトが入り込むことはないのでご安心を。落ち着いて探せば、まぶたの奥あたりに張り付いていることに気付くはずです。
場所が分かった所で、左右に黒目を動かし正しい位置に戻した後、普段通りに外します。
しっかりと探したにも関わらず、場所が分からない場合には、落としてしまい目の中に残っていないことがほとんどですが、念のため、眼科にかかると安心です。


目の中で割れてしまった・破れてしまった時の対処法

ごく稀に、正しい使い方をしていても、コンタクトが目の中で割れて、破片が残ってしまうことがあります。

無理に取り出したり、目を強く開け閉めしたりすると、眼球に傷をつけてしまうので、この時ばかりはすぐに眼科へ。

専門家の手で安全に取り出してもらった後に、目に異常がないか確認をしてもらいます。


コンタクトレンズを使用している限り、トラブルが絶対起きないという保証はありません。

万が一のことがあった時に、すぐに相談できるかかりつけの医師がいると安心。

普段は、通販サイトを利用してコンタクトを購入している方でも、数ヶ月に一度は眼科を訪問、トラブルが起きたとき、相談できる医師との関係をキープしておくことをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.