> >

初めてコンタクトレンズに挑戦!眼科訪問から購入までの道のり



高校、大学への進学をきっかけに、コンタクトレンズの購入を検討する方、たくさんいます。

眼鏡よりも見え方が自然、かつ、フレームが気にならないので、快適なアイライフを送ることができるのが理由。

「メガネ女子」も素敵ではありますが、アイメイクの自由度が広がるのは、断然コンタクトレンズ。

ファッション感度の高い女の子なら、メガネよりコンタクト、と、考えるのは当然です。
ここでは、はじめてコンタクトレンズに挑戦する方のために、眼科医訪問から購入まで一連の流れをご紹介します。

どんなことでも、はじめての経験は不安が伴うもの。安心して新しい生活をスタートさせるために、目を通しておいて頂ければと思います。


初めてコンタクト。眼科訪問から購入までの流れ

一般的になったとは言え、コンタクトレンズは正しく使用しないと目を傷つけるリスクがある道具。医師の指導のもとで利用するのが望ましい「高度管理医療機器」に指定されています。

購入には、原則として眼科医の検査と処方が必要。おおまかには、以下のような流れを経て、コンタクトレンズを購入します。


1. 病院に訪問・受付

最寄りの眼科に訪問、受付で「コンタクトレンズを作りたい」旨を伝えます。かかる費用の目安は、診察から処方まで3千円前後。医療検査になるので、保険証を忘れずに持参しましょう。


2. 医師による問診と検査

受付が終わったら、コンタクトレンズを使用しても問題ないか、チェックします。目の健康状態に関する問診の後、専用機器を使った検査を行うのが一般的。近視・乱視の状態を計測する一般的な視力検査の他、最適なコンタクトレンズを選ぶため、目のカーブの形状や涙の量を調べます。


3. トライアルレンズのフィッティングテスト

検査結果から導いたトライアル専用のコンタクトレンズを装着し、目との相性を調べます。
目に強い違和感がある、見え方がおかしいなど、少しでも気になる点があれば、我慢しないで医師に相談、不安を解消してください。


4. コンタクトレンズの処方・購入

一連の検査を通して選択したコンタクトレンズを処方してもらい、使用する時・ケアする際の注意点の説明を受けたら、病院での行程は完了です。

眼科に併設、提携されているショップで処方箋を提示し、指示通りのコンタクトレンズを購入、帰宅しましょう。

初めて購入する時だけでなく、コンタクトレンズを買う時には、毎回、医師の処方を受けるのが理想的。

通院の目安は、3ヶ月から半年に1度位。慣れるまでは、3ヶ月毎に眼科にかかり、眼に異常がないか、調べてもらうことをおすすめします。

厳密には、処方箋提示に対する法的な縛りがないため、処方箋なしでコンタクトを購入できる通販サイトも存在するのが現状です。

眼の安全を考慮すれば、安易な自己判断は厳禁、自覚症状がなくても、見えない傷が眼の表面についている可能性も否めません。

特に、慣れない間は、スムーズに装着できず、眼に負担がかかっていることがあります。
自分の眼を守ることができるのは自分だけ。軽卒な行動で、後悔することがないようにして頂ければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.