> >

違法じゃないの?処方箋不要のコンタクトレンズ通販サイト




コンタクトレンズは消耗品で、どうしても継続コストがかかります。

「少しでも費用を抑えたい」という方に人気なのが、ネット通販でコンタクトを購入できるサイト。

定期割引やまとめ割キャンペーンを利用すれば、随分と手頃な値段で、使っているレンズと同じ商品が手に入ります。

ネットで注文するだけなので、わざわざ店舗に出向く手間がなく、非常に手軽。
急ぎのニーズに対応してもらえる即日発送のサイトも増えています。

いいことばかりのようですが、心配なのは、「処方箋無しでコンタクトレンズを購入して、違法じゃないの?」というところ。

不安を解消すべく、処方箋不要でコンタクトレンズが購入できる理由を紹介します。


これで安心!処方箋不要でコンタクトレンズが買える理由

処方箋は、お医者さんが薬剤師さんに「この薬を出して下さい」、医薬品の処方を指示する書面です。

当然、処方箋医薬品に対しては、この書面がないと、薬を出してもらうことができません。

コンタクトレンズは、処方箋医薬品として指定されている訳ではないので、医師の指示書無しに購入しても、法的な問題はありません。

眼科で「コンタクトレンズの処方箋」と呼ばれているものの正体は、単なる「装用指示書」。

お薬をもらうための処方箋とは、似て非なるものと言えるでしょう。

もちろん、この「装用指示書」も、提出義務がある訳ではないので、通販サイトでは、一切書面の提示をすることなく、コンタクトレンズの購入が可能という訳です。


処方箋提示を求める販売店の言い分とは

法的義務がないとは言え、処方箋の提示を求める販売店はたくさんあります。理由はおそらく以下2つ。


理由1 コンタクトレンズメーカーの推奨によるもの

「目にもしものことがあったら大変だから、眼科医の指示のもとに装着してほしい」そう考えるメーカーは多々あります。

その場合、処方箋の提示を受け、医師の診察を受けていることを確認してから提供するよう、販売店にお願いをします。

メーカーの推奨に拘束力がある訳ではありませんが、消費者の安全第一に考えるが故、指導を守り、処方箋の提示を求めているという訳です。


理由2 販売店の方針・安全管理規準によるもの

メーカー推奨がない場合でも、販売店独自のトラブル回避体制として、処方箋を条件にすることも考えられます。

処方箋無しでコンタクトレンズを販売した場合、トラブルが起きた時の矛先は販売店に向かいます。

眼に障害が残るようなことになれば、訴訟やもめ事につながるリスクも。

販売店にとっても消費者にとっても、トラブルが起きないのが一番。

お店独自の安全管理規準として、医師の診察を受けた証明の提示を求めることは十分妥当な判断と言えるでしょう。



価格と利便性を優先するか、安全面を重視するか、結局は自己責任で判断していくより他ないようです。

定期的に眼科の診察を受けつつ、急ぎのときは通販サイトを利用する、上手に併用していくことが、賢い消費者のあり方なのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.