> >

【子どもの視力とコンタクトレンズ】何歳からデビューが適切?



ダンスやバレー、サッカー、小さな内から習い事をさせている保護者から、「コンタクトレンズを使わせたい」、そんな声を耳にします。

目に入れるものなので、できる事なら、使用させない方が安全なのは分かっていても、「視力を何とかしてあげたい」と考えるのが親心ということでしょう。

今回は、コンタクトレンズの使用は何歳から可能か、という疑問に回答するとともに、子どもにコンタクトを着用させる時の注意点を考えてみます。

未成年の身の安全を守るのは親の努め。
子どもの目の安全を考えるなら、ぜひ目を通して頂ければと思います。

具体的な年齢が決まっていない

まず、コンタクトの使用を開始できる時期ですが、「何歳から」といった具体的な年齢が決まっているわけではありません。

極端な例ですが、先天性白内障を持って産まれた赤ちゃんは、乳児からコンタクトを着用します。

つけ外しを親が管理したり、ケアに気を配ったり、きちんとお世話をしてあげる必要はありますが、何歳であっても、コンタクトレンズの使用が絶対に不可能という訳ではないということです。

自己管理がきちんとできる年齢になったら

ただ、医学的に仕方がない事情がある場合を除いては、自己管理がきちんとできる年齢になるまで、コンタクトレンズを使用させないのが理想でしょう。

小学生だと、目にゴミが入ったり、レンズがずれてしまったりした時、目薬をさす、清潔な手でレンズを取り出す、落ち着いて正しい対処ができない可能性が否めません。

付け外しやケアは親の目の届く所で行うにしても、24時間一緒にいられる訳ではありませんよね。

万が一のことまで考慮すると「不測の事態が起きたときに冷静に対応できる年齢」、少なくとも、中学校に入学してから、検討頂くことをおすすめします。

理想論はさておいて、「やっぱり小学生の子どもにコンタクトレンズを使用させたい」という方もいるはずです。

眼科に相談

そんな方は、眼科に相談の上、必要な時だけ着用させるようにしてください。「ダンスのレッスンの時だけ」「サッカースクールに行く曜日だけ」、子どもと話し合い、ルールを決めて、勝手に使用させないよう、管理しましょう。

スクールの先生にもコンタクトを使用させる旨を話しておき、安全面に配慮をしてもらえるよう、協力をあおぐことも重要です。

また、異常がなくても、定期的に眼科にかかり、目の健康状態をチェックしてもらうのは不可欠。

成長期は、視力が変わりやすいため、定期検査を怠ると、合わないレンズを使用し続けて、目に大きな負担がかかるリスクがあります。

子どものコンタクトレンズの使用については、医師によっても見解が分かれるところです。

最終的には、保護者の判断、という所に落ち着きますが、リスクと注意点を正しく理解し、後悔のない選択をして頂ければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.