> >

ハードコンタクトレンズの洗浄方法



ハードコンタクトレンズ(O2レンズ)は必ず毎日洗浄する必要があります。ハードレンズはソフトレンズに比べて比較的雑菌が繁殖しにくい素材ではあるのですが、それでもケアを怠れば眼病やトラブルの元になりかねません。今回はハードコンタクトレンズの洗浄の正しい方法を順を追ってご紹介することにしましょう。

ケアに使用する洗浄液は酸素透過性ハードコンタクトレンズ用、またはO2レンズ用と記載のあるものを購入して下さい。ソフトレンズ用のケア製品はハードレンズには使用することができませんのでよく確認してご購入下さい。


ハードコンタクトレンズの洗浄の手順

1. 石鹸でよく手を洗い、片方の目からレンズを外します。

2. レンズを人差し指、中指の上に乗せて親指で支え、洗浄液、または水道水で軽くすすぎます。水道水をお使いになる場合はレンズを流してしまわないように十分に気をつけてください。

3. レンズを手のひらの中央に、窪んでいる内側の面が上向きになるように乗せます。

4. レンズの上から洗浄液を数滴垂らします。

5. 人差し指の腹をレンズの窪みの部分に軽くあて、20秒程度を目安に手のひらと軽くこすりあわせます。

6. 外側の面のこすり洗いが終わったら、次は内側を洗います。レンズを人差し指と中指の上に乗せ、親指でレンズの内側を洗いましょう。

7. 外側のときと同じように20秒程度軽くこすりあわせます。

8. レンズをレンズケースのホルダーにはめ込み、ホルダーごと水道水で十分にすすぎます。

9. レンズケースに保存液を満たし、ホルダーをセットします。

10. もう片方もレンズを装着している場合には、同様にレンズを洗い、すすいでホルダーをセットします。

11. レンズケースに収めたレンズはそのまま決められた時間(通常は4時間)以上浸け置きします。

ケアの際気をつけたいのはこすり洗いを十分に行うということ。浸け置きのみで良い洗浄液もあるようですが、十分に汚れを落とすのならやはりこすり洗いは必須です。


再度レンズを装着する前に

レンズを装着するときにはあらためてホルダーごと水道水でよくすすいでから目に入れます。

洗浄の際にも言えることですが、正しくはめてあればレンズがホルダーから外れるようなことはありません。

ただ、万全を期するなら流水が直接当たらないように工夫してみてください。

筆者はホルダーを持っていない方の手をホルダーの下側に置き、手のひらに水をため、その中でレンズをすすぐようにしています。

その際には手のひらにたまった水が十分に入れ替わることが重要。
レンズに保存液の成分が残留しないように留意してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.