> >

処方箋があってもなくてもトラブルが起きる時は起きる



平成26年6月からメニコンのアキュビュー2ウィークの使い捨てを処方箋不要のコンタクト通販で買っているHN(24歳男性)。


処方箋なしでも買えるようになった時代ということは

今の時代はある程度のことなら通販で買えてしまう時代です。
たしかに処方箋なしというのは不安要素のひとつですが、処方箋があってもなくてもトラブルが起きる時はおきます。
やはり時代には時代にあった生き方というのが大事です。
処方箋なしでも買えるようになった時代ということは処方箋なしでも問題ないということなのです。
国で満たす安全基準はクリアしているわけですので、わざわざ処方箋を貰いに予約しさらに長い時間拘束される。そんな時間の無駄遣いをするよりも、手軽により身近に手早く済ませられる方法があるなら、その方法をぜひ選択してほしいです。
その空いた時間で別のことに使い 一度きりの人生をおおいに楽しんでほしいです。
一度きりなのです、迷って断念して、ある時「もっと早く買っておけば」となる前に 今すぐ行動してください。
人生は選択の連続です。私はその選択で通販サイトを利用する事を選びました。その結果今のところ処方箋なしで購入したデメリットなどは発生しておらず、むしろメリットの方がデカイです。
今迷っている方は是非、通販サイトの利用という選択をチョイスしてみては?



▼2ウィークを1か月使うことも
コンタクトレンズの使用方法を守っていません。
金銭面的な問題があるとの性格が横着な性格の為に2ウィークのコンタクトを一ヶ月くらい変えないこともあります



▼処方箋なしで不安は?
不安はありません。
処方箋が出なくても国で認められたコンタクトならある一定の基準は満たしているはずですので、自分の度数など把握している人ならば視力に変化がなければ処方箋なしで購入できる方がお手軽でいいです。
不安でない理由としては国で安全と認められたメーカーのコンタクトだからです。


▼眼科医の定期診察
定期診断は5回目くらいで行かなくなりました。アレルギー性の結膜炎の為にコンタクトの購入を断られましたが どうしても自分には必要な為に眼科にいかなくなりました。行っても同じ回答しかこないので。



▼眼のトラブル経験
コンタクト装着時には途中でコンタクトが外れかかるような感覚になり、目がかすんで見えなくなることも多々あり。
白目が真っ赤に充血、目やにが止まらなくなることもあります。
寝起きなどは目が開かなくなりました。



▼最初は両親と近所の大手コンタクトメーカーへ
高校生のときでした。そのときは初めてのコンタクトということもあり、両親に同行してもらい近所の大手コンタクトメーカーのお店にいきました。
やはり初めて目に遺物を入れるということで、中々入りませんでしたし、むしろ入れる勇気もなく、手も震えて上手くつけられなかったです。
お店の方にコンタクトを入れてもらって世界が一気に別物になりました。
一気に視界がクリアになり、今まで見ていた世界が別の世界のように感じました。
なぜもっと早くにコンタクトにしなかったんだろうと悔やんでいます。
もっと早くコンタクトデビューしていればやれずに諦めていたスポーツもなんでも挑戦できたのにと・・・。
そして一旦お店の方にコンタクトを外してもらい、じゃあ自分でつけてみましょうかーとなったとき問題が起こりました。
遺物も自分で自分の眼に入れるとなると、手が恐怖で震えてきてしまい、コンタクトが当たる直前に眼を閉じてしまったりして中々コンタクトが装着できませんでした。
1時間近く頑張っていると、お店の方が今日はもう眼が真っ赤だし止めときますか?と中断を促してくれましたが、せっかくコンタクトにするんだからと諦めずにトライさせていただきました。
結果が無事に自分でつけることができ、やはりさっきのクリアな世界を体験できました。そしてそのままコンタクトを着けて帰宅しました。
今では3秒ほどでコンタクトを装着できるように成長した自分から見たら なんだか少し恥ずかしい感じがします。初々しい感じがとても・・・
いい思い出です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.