> >

眼鏡屋さんで処方箋を出してもらったコンタクトを通販で注文している



以前に眼鏡屋さんで処方箋を出してもらい、その内容と同じレンズを通販で買っているため、処方箋なしでもOK。視力はずっと変わっていないので、見え方も問題ない。
ジョンソン&ジョンソン2ウィークの使い捨てを処方箋不要のネット通販で購入しているY.S(28歳女性)。
処方箋不要の通販で購入しているY.S(28歳女性)からのアドバイス

1度処方箋を出してもらったコンタクトを再度購入するなら

コンタクトレンズは日常的に使用するもので、価格も高いため毎月の大きな出費となる。
そこで通販サイトで購入すれば、眼鏡屋さんよりも格段に安く手に入れることができ、金銭的な負担が大きく減ることになる。
また、社会人にもなれば定期的に眼鏡屋さんに行く時間を取ることが難しくなる場合も多い。
初めてコンタクトレンズを使用する人が、いきなり通販サイトで購入することは無謀だと思うが、1度処方箋を出してもらって購入したものを再度購入する場合は、通販サイトがとても便利だと思う。処方箋に書いてある度数などを間違いなく入力すれば、眼鏡屋さんで購入したものと全く同じものを手に入れることができる。
コンタクトレンズ使用にあたり何らかの眼のトラブルがある人は、都度診察を受けて処方箋を出してもらうことをおすすめするが、トラブルもなく、視力も全く変わらない人であれば、通販サイトを活用しても良いと思う。心配であれば、何回かに一回処方箋を出してもらうだけでも、金銭的、時間的な負担は大きく減ると思う。



▼初めて買ったコンタクトレンズは1日使い捨て
小学生の時から視力がかなり悪かったが、眼鏡をかけている同級生がクラスの男子から「眼鏡ザル」などとからかわれているのを見ていたので、眼鏡をかけることに抵抗があった。次第に黒板が見えなくなり、小学校高学年頃からは授業中のみ眼鏡をかけていた。
中学にあがり運動部(球技)に入ったが、視力が悪いせいで相手の細かい動きや表情が見えず、やむを得ず眼鏡をかけて試合した時はボールが当たって眼鏡が壊れるというトラブルが起き、何かと不便を感じるようになっていった。
親に相談したところ、練習時間が長い土日の部活や試合の時のみ使い捨てのコンタクトレンズを使ってみてはと提案があった。(中学生であったため、日常的に使用することは眼のトラブルを懸念し反対された)
すぐに親と眼鏡屋さんに行き、初めて買ったコンタクトレンズが1日使い捨てのもの。慣れないうちは装着にかなりの時間を要したが、眼鏡のように淵がなく視界が広がり、眼鏡が壊れる心配をせずに思い切り動けたため、とても快適で感動したのを覚えている。
高校生になった時からは、2週間使い捨てタイプのものを日常的に使うようになった。手入れの仕方はすぐに覚え、今までに眼のトラブルが起こったことは一度もない。眼鏡をかけた姿に自信のない私は、コンタクトレンズを使うことにより活動的になり、性格も明るくなった。今ではコンタクトレンズ無しの生活は考えられない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.