> >

時間の節約のために通販を使うのは悪いことではない(46歳女性)



「時間の節約のために通販サイトを使うのは悪いことではないと思いますM.S様(46歳女性)」
株式会社アイレの1カ月定期交換ソフトコンタクトレンズ、ほかにチバビジョンのカセラコンを時々使用しています。

処方箋なしでコンタクトレンズを買うことに心配な点はないと思っています。今使っているコンタクトレンズは、眼科で見てもらい、店頭で相談の上選んだもので、ネットショップに移行する以前から使っていたものだからです。ちなみに眼科には半年に一度程度は行っています。


コンタクト購入時に絶対に守ってほしいこと

絶対に守ってほしいことは、「まずは眼科の検診、そして最初は実店舗で従業員さんの話を聞いて買い物をする」ことです。
快適な使用に欠かせないケア用品に関しても、使いやすさ、好み、値段などいろいろあると思いますが、レンズショップの店員さんはこちらの知識も豊富なので、そういう意味でもまずは下地として買い物を経験することをお勧めします。
だんだん慣れてきたら、時間の節約のために通販サイトを使うのは悪いことではないと思います。
かなり値引き率が高かったり、ポイントがついたり、お得なことがたくさんあります。大抵レンズの商品パッケージ自体がしっかりしているので、過剰に梱包されていなくても無事品物は届きます。
小さなものですから、メール便の利用で送料が格安になったり、場合によっては無料になるショップもあります。
メール便での発送自体に不安を感じるという方にはおすすめできませんが、昼間不在がちでもポストで受け取れるという利点は大きいと思います。
それから、定期的な眼科の検診はお忘れなく。ちなみに私が実店舗を利用していたときは、前の検診から半年以内なら検診なしに商品を売ってもらえる制度がありました。
だから半年に一度あたりが最低限の目安になると思います。
それでも、どうしても不安だという方には無理にお勧めはしませんが、少しでも興味のある方は、利用してみて損はないと思います。


コンタクトを初めて使ったのは20代前半

コンタクトを初めて使ったのは20代前半のころで、そのときは酸素透過性のハードレンズを使っていました。
以降、3年ぐらい使って廃棄して、ちょっと思い立ったときや、お金に余裕のあるときに買い直してきました。
2、3年使えるとはいえ、2枚で5万円とか結構な値段だったのです。
ソフトレンズデビューは、娘が中学生になり、コンタクトをつけたいと言ったときでした。
最初は実はおしゃれ用の使い捨てカラーレンズでした。何故かソフトは高い、扱いづらいという先入観があったのですが、値段も思ったより安く、使い勝手に関しては、レンズを入れること自体が初めてだった娘が「なんにも違和感ないし、よく見えるよ」と言うので興味を持ったのです。
そのうち、普段使いの無色のレンズもソフトの使い捨てに移行し、ショップおすすめのものを使っていました。
その後、タイミングは失念したのですが、似たような品質で値段がより安いものを勧められ、そちらに変更して現在に至ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.