> >

毎度処方箋なしでコンタクトレンズを買うのは私も躊躇(ボシュロム2ウィーク愛用)



処方箋不要の通販ショップでボシュロムの2ウィークの使い捨てのコンタクトレンズを買っているA.K(50歳女性)の口コミ。

コンタクトの種類:2ウィークの使い捨て
コンタクトのメーカー:ボシュロム
使用方法は守っている?:守っています。
処方箋なしで心配はない?:普段眼科医で検査して出してもらっているコンタクトレンズがなくなった時に1回購入、そして次は眼科医・・・というペースで購入して(眼科医→通販→眼科医)いるので不安はありません。
眼科医の診察は?:3か月から半年に1度


目のトラブルの体験はありますか?

ドライアイで目が痛くなったり、開きにくなったりしました。
スギ花粉症なので、その季節になるといつも目がかゆくなったり、ひどい時は黒目が白く濁ったりすることもあります。


毎度処方箋なしでコンタクトレンズを買うのは私も躊躇します

目の病気だからと言って侮れないと思うので、毎度毎度処方箋なしでコンタクトレンズを買うのは私も躊躇しますし、あまりおススメ出来ません。
ただ、忙しい方が定期的に眼科に行くのは難しいことも多いかと思います。
そのせいで、本当は捨てなければいけないタイミングのレンズをいつまでも引き延ばして使っているのは目に取って良いことではありません。
そういう場合の通販は、とても便利でかつ目にも良いものだと思います。
通販のショップは信頼できるところを選ぶ必要があるかと思いますので、通販サイトでのレビューを参考にするなどして、実績のあるショップを選択すれば、間違いはないはずです。
また、眼科医で購入する場合よりも、通販サイトで購入する方が値段もお得な場合が多いかと思いますので、その点もおススメの理由の1つです。
近視や遠視の度数は変化するものですし、目の不調を放置しないためにも眼科の診察は必要だと思いますので、眼科医と通販サイト購入の併用でしたら気軽に始められるのではないでしょうか。

はじめてコンタクトをした時の感想

コンタクトデビューをしたのは33年前の高校生の時で、初めはハードコンタクトレンズでした。
その頃はまだハードコンタクトが主流だったと思います。
ところがアレルギーがひどく、ハードレンズだと目をしっかり開けることが出来ず、無理に開けると涙が止まらなくなるので、ソフトレンズに変えました。
体育の時間にスポーツをする時など、メガネではわずらわしく、見えない裸眼で我慢することも多かったのですが、コンタクトに変えてからはとても快適で、1日12時間以内の使用を出来るだけ守るようにしていたからかトラブルも全くなくて、こんなに快適なものなのかと感動さえ覚えたものです。
ただ、その頃はまだコンタクトレンズを使用した後は煮沸消毒をしないといけなかったので、いくら専用の機器を使うといってもそれが面倒ではありました。
2年間使用で新しいものに買い替えるというタイミングだったので、今思うと買い替える直前のコンタクトレンズは少し透明感が薄くなっていたようにも思うのですが、それでもメガネのわずらわしさや、遠くまで良く見えるということは強度の近眼である私にとっては、とても画期的なものでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.